全てのNike Air Jordan エアジョーダン スニーカー,エアジョーダン レトロ,Air Jordan スニーカーは品質保証できます。

ノノウの孤児院にいた孤児としてカブトの回想に登場した。エアジョーダン スニーカーカブトとは義兄弟の様な関係で、戦争中も長年の任務から帰ってこない彼の身を案じていた。「薬師カブト」がカブトだということと、カブトが犯罪者になっている事実を知っているかは不明。千手仏間(せんじゅ ぶつま)柱間と扉間の父。扉間の尾行により柱間がうちはの少年であるマダラと幾度も会っていることを知り、Air Jordan スニーカーマダラからうちは一族の情報を入手、場合によっては殺害を柱間に命じ自らも扉間と共に現場へ赴く。マダラの父?うちはタジマとは互角の実力。千手瓦間(せんじゅ かわらま)、千手板間(せんじゅ いたま)柱間と扉間の弟。瓦間は7歳で羽衣一族、うちは一族との戦闘で死亡する。板間は瓦間没後に起こったうちは一族との戦闘で死亡する。アニメオリジナル[]ソラ声 - 火ノ寺の忍僧で、元?守護忍十二士のカズマの息子。敵や気に入らない相手には「付けてやる。エアジョーダン スニーカー」と言って戦いを挑む。ナルト同様風のチャクラ性伽虺证痢⒂沂证俗皞浃筏裤^爪を用いた接近戦を得意とする。5歳の頃、カズマの手により九尾のチャクラをその身に封じられており、封印を解かれた際は我を忘れて暴走し、ナルトと同じ尾が四本の尾獣形態になる。最終的にナルトの体を張った呼びかけにより九尾のチャクラを体外に全て放出し元に戻る。その後は火ノ寺に戻らず旅に出る。キタネ声 - 雷遁系の術を得意とする元?守護忍十二士の一人。同じ守護忍十二士で構成され、最強の雷遁使いと謳われた雷遁四人衆の一人。故人であり、エアジョーダン レトロ遺体は火ノ寺付近の隠し墓に埋葬されていたが、フリド一味によって奪われ、土遁蘇生術?死屍土壌により蘇生されるが、フリドが倒されたことで再び埋葬される。生前は冷静で思慮深い性格でアスエアジョーダン スニーカーマのストッパーであった模様。棺には「」と書かれている。「雷夢雷人」発動時の配置は北。ナウマ、セイト、トウウ声 - 、、元?守護忍十二士で、雷遁四人衆のメンバー。故人であり、遺体は火の寺付近の隠し墓に埋葬されていたが、フリド一味によって奪われ、土遁蘇生術?死屍土壌により蘇生されるが、フリドが倒されたことで再び埋葬される。棺にはそれぞれ「」、「」、「」の文字が書かれている。「雷夢雷人」発動時の配置は順に枴⑽鳌⒛稀?/dd>カズマ声 - ソラの父親。元?守護忍十二士の一人で嘗てのアスマの盟友であった人物。かつて火の国による世界統一の為に軍事国家化を計画し志を同じとした過激派の五名の守護忍十二士を率いてクーデターを決行し、アスマを始めとする他の守護忍十二士と対立した。エアジョーダン レトロその戦いでアスマの手により戦死していたと思われていた。一般人[]テウチ声 - ナルトがよく通う小さな屋「一楽」の店主。カカシの素顔を見た数少ない人。他の大人達と違って、九尾の人柱力故に迫害されていたナルトには優しく、時々サービスで奢ってあげている。アニメではアヤメに付き合ってダイエットラーメンを食べてるうちに激痩せした。劇場版『ザ?ロストタワー』によると、エアジョーダン スニーカー「一楽」の開店は約20年前。アヤメ声 - 「ラーメン一楽」の看板娘で、テウチの愛娘。父と共にカカシの素顔を見て、うっとりしていた。アニメでは一時的に激太りし、疾風伝ではラーメン職人の修行に出かけていて、修行先でつけ麺の良さに目覚め、里に帰郷後、一楽をつけ麺の専門店に変えては、普通にラーメンを食べたいナルトから文句を言われていた。Air Jordan スニーカー西と松「ラーメン一楽」で新人として働いていた2人組。ラーメンの中に指を付けたり、エアジョーダン レトロラーメンをこぼすなどをしてテウチに怒られてばかりいた。モデルはお笑いコンビの。砂隠れの里(風の国)[]風影[]初代風影圧倒的な力で、砂漠の強者を治めた砂隠れの創始者。容姿はスキンヘッド。二代目風影国力向上を目指し、守鶴の人柱力の実験をし始めた最初の風影。三代目風影チャクラをに変えることができる特殊な体伽蚶盲贰⒀@限界である磁遁を使用した風影。を変幻自在に操り、その術を以って歴代最強と謳われた。ある日突然里から姿を消し、エアジョーダン レトロ里は捜索一辺倒となり戦争の原因となったが、遂に見つかることはなかった。だが、サソリがチヨバア?サクラと交戦した時に傀儡人形として現れ、サソリに殺害されていたことが判明する。傀儡人形はサクラにより破壊された。四代目風影声 - テマリ?カンクロウ?我愛羅の父で、加琉羅の夫。本名不明。中忍試験前に大蛇丸、カブトによって暗殺され、大蛇丸は彼に変装して木ノ葉崩しを強行し、その失敗後、木ノ葉までの道中にて側近と共に虫の集った死体姿で発見された。エアジョーダン スニーカーどのような形で命を落としたかは不明。生前は風の国の大名の軍縮の方針の中、妻や息子?我愛羅を犠牲にしてまでも里の力の強化を図っていた。我愛羅との親子関係は劣悪そのもので、彼を見る表情は冷酷だった。ただしエアジョーダン スニーカー、それは風影としての責務や周囲からのプレッシャーがそうさせていた模様。我愛羅が人柱力として中々、尾獣のコントロールがきかないのに苛立ち、ついには夜叉丸に命じて「母から愛されてなどいなかった」と吹き込ませることで我愛羅に尾獣をコントロールさせようと図る。夜叉丸は躊躇を見せるが、「敬愛する母を取り上げられても暴走を抑えられるぐらいでなければ人柱力として務まらない」と強要し断行させた。結果、我愛羅は尾獣化して暴走したため「やはり、失敗だった」と息子の価値を一方的にないものと決め付けてしまう。第四次忍界大戦ではカブトの穢土転生によって蘇生され、我愛羅と三代目土影を発見。その際、Air Jordan スニーカー我愛羅が自らの憎しみを乗り越え五代目風影となったことやチヨが我愛羅を救ったこと、友ができたと言うことに驚きを隠せなかった。そして、もう一度息子の価値を自身で確かめると言い、敢えて我愛羅と対峙するが、エアジョーダン スニーカー自身が操るの盲点を突かれ、身動きが取れなくなった。この時、我愛羅の砂が妻の加琉羅の姿を象るのを見て、初めて「親はただ、子供を信じてやればいい」と親心を見せる。妻の想いを無下にし、今までの己が我愛羅にして来たことこそが失敗だったのだということを悟り、加琉羅が母親として愛情を注いでいたことを教え、命を狙う程追い込んだことを父親と言うのもおこがましいと自嘲する程に後悔した。しかし、それでも尚、我愛羅が自らを父と呼んでくれたことと、自分などとうに超えていた息子の成長に四代目風影も涙を流し、最後は我愛羅に里を任せることを願い、封印された。使用する術は砂金を操る血継限界の磁遁であり、守鶴が暴走した時もこれで対処する。また、この砂金を取引に使う事で軍縮が進む中で里の安定を保っていた。Air Jordan スニーカー(ガアラ)声 - 五代目風影。砂の三姉弟の末っ子。一尾を宿した人柱力。エアジョーダン レトロ第二部から風影となる。砂忍[]声 - 我愛羅とカンクロウの姉。声 - 我愛羅の兄で、テマリの弟。我愛羅が風影に就任してからは主に里の警備に従事している。バキ声 - 砂隠れの里の上忍で、里の上役。木ノ葉崩しの際、我愛羅?テマリ?カンクロウを率いて木ノ葉隠れの里に入り、カブトとの木ノ葉崩しに関する密談を盗聴していた月光ハヤテを殺害している。また、風遁系の術を得意とする。エアジョーダン スニーカー第二部では新たな風影となった我愛羅の部下として活動している。加琉羅(カルラ)声 - 我愛羅の母。夫に「砂の守鶴」を憑依させられ、我愛羅を産むと同時にこの世を憎み、呪いながら命を落としたと我愛羅は長年思っていた。しかし、それは四代目風影が夜叉丸に我愛羅の「人柱力としての価値を見定める為」にと母と言う拠り所を奪われてなお、尾獣を御せるかを試す為に命じてつかせた嘘でしかなかった。エアジョーダン レトロ実際の彼女は生まれたばかりの我愛羅に対し「どんな事があっても、自分が守る」とかつて、夜叉丸が言った通り深い愛情を息子に寄せ、その想いは我愛羅の砂の能力に色濃く表れている。夜叉丸(やしゃまる)声 - 砂隠れの医療忍者である加琉羅の弟で、三姉弟の叔父に当たる。我愛羅の世話係にして、彼が唯一心を開く存在だった我愛羅に痛み、愛情の概念を教えた人物。医療忍者という肩書きは表向きで、実際は砂の暗部の忍で四代目風影の右腕で、四代目風影の命により我愛羅暗殺を試みるも、激昂した我愛羅の反撃に遭い、我愛羅を心底憎んでいたと言い放ち、エアジョーダン スニーカー姉がこの世を呪い息子を愛していなかったと我愛羅を精神的に追いつめ、最後は服に仕込んでいた大量の起爆札で自爆?死亡した。実はそれ自体が四代目風影の命令であり、母にも愛されていなかったと我愛羅に吹き込むことで人柱力としての価値を量ることが目的で、その命に対し当初は四代目風影に躊躇を見せるが、忍として任務を全うする。四代目風影曰く「夜叉丸が憎んでいたのは我愛羅ではなく自分だ」と言うことから、彼自身は我愛羅のことを心から気にかけていた模様。マツリ声 - アニメオリジナルキャラクター。かつて両親が忍に殺され、刺さった武器を目の当たりにしたため、武器を持つのに躊躇していたが、エアジョーダン スニーカー我愛羅の指導により克服し、忍具の使い方を教わった。疾風伝ではテマリの部下として登場しており、同じくの一のユカタ(声 - )と共に行動している。由良(ユウラ)声 - 里の上役(第二部開始の4年前に就任)で、上忍。また、周囲からの信頼も厚かったが、実は暁のサソリの配下で、暁に体を利用されて「象転の術」の生贄になり、死亡。チヨ声 - 砂隠れの里の相談役。通称チヨバア。砂隠れの同盟国やそれ以外の里と多くつながりを持つパイプ役で、熟練の傀儡師でもある。暁の赤砂のサソリの祖母。普段はぼぅっとしているが、いざ戦闘となると身のこなAir Jordan スニーカーしが良い。先の大戦で息子夫婦をはたけサクモに殺されており、綱手とはかつて交戦した際に自分が作り出した毒物を瞬時に解析され対抗策を編み出されたりと、ある種因縁の仲だとサクラに色々語りかけている。Air Jordan スニーカー風影奪還任務では木ノ葉に協力し、後にサソリと壮絶な傀儡合戦を繰り広げ、辛くも勝利したが、その後、守鶴を抜かれて死亡した我愛羅を蘇生させるために、死を承知で“転生忍術”を使用し、エアジョーダン スニーカーナルトたちに忍の未来を託して静かにこの世を去っていった。