ナイキ エアジョーダン Nike Air Jordan 7、正規販売店【100%品質保障】

トルネ声 - 「根」の一員でその中でもトップクラスの実力者。五影会談の際のダンゾウの護衛。毒蟲を操る油女一族の忍?油女シクロの子で、彼もまた毒蟲を操ることができ、その抗体を持つ。トビとの戦闘で捕縛され、穢土転生の実演のナイキ エアジョーダンために首を折られ死亡し、フーを生贄に穢土転生によって蘇生される。疾風伝では過去が語られている。シノとは兄弟同然に育ったが、自身は毒蟲を宿す体伽韦护い侨陶哐¥送àà胜盲俊%伐韦稳胙Г殚gもなくして、油女一族にシノを提供するよう要求したダンゾウに自分を売り込み「根」に加わり、フーとツーマンセルを組んで任務を遂行し、友情を育んでいた。穢土転生体として蘇生された後は、失敗作の集まりで編成された穢土転生連合軍を率いて戦場に現れる。しかしそれは囮で、忍連合が穢土転生連合軍に気を取られている間に禁術【壺毒の術】の準備をしていたが、自身を察知したシノと再会する。彼と過去を語らいながら戦うが、自分の毒蟲の抗体を得ていたシノに敗北し封印された。その他の忍[]伝説の三忍[]自来也(じらいや)声 - 、(幼少)伝説の三忍の一人。ナイキ エアジョーダン 7ミナトやナルトの師匠。詳細は「」を参照大蛇丸(おろちまる)詳細は「」を参照綱手(ツナデ)詳細は「」を参照綱手の関係者[]トントン声 - シズネのペットで、ミニ忍豚。並の忍犬より嗅覚が優れている。忍犬とは異なり、ただのなので話すことはできない。縄樹(ナワキ)声 - 12歳(没年齢)。身長140cm。体重37kg。綱手の弟で下忍。12歳の誕生日に、綱手から初代火影の首飾りをプレゼントされる。奇しくもその翌日の任務中に死去。火影を夢見ていた。加藤ダン(かとう ダン)声 - 27歳(没年齢)。身長180cm。体重67kg。綱手の最愛の恋人にして上忍、シズネの叔父。綱手から首飾りを贈られるが、敵戦線での任務中に、彼女の目の前で帰らぬ人となった。彼の死がきっかけとなり綱手は血液恐怖症となった。ナイキ エアジョーダン火影になることを夢見ていた。第四次忍界大戦にてカブトの穢土転生によって蘇生され、チョウザと交戦する。四紫炎陣の中に閉じ込められ、結界の番をするチョウザから自分が死んだ後のことを聞く。穢土転生が解除された際に、自身の『霊化の術』でツナデの元に向かい、彼女の危機を救う。そして、精神世界で綱手の額にキスして昇天した。ご意見番[]水戸門ホムラ(みとかど ホムラ)声 - 、(少年)69→72歳。身長166cm。体重55kg。三代目火影と同世代の木ノ葉のご意見番。眼鏡を掛けている。初代火影、二代目火影の教え子だった。うちはイタチの真実を知っている人物で、うちは一族の殲滅に関与している。現役時代はコハルとともに二代目火影の小隊にいた。うたたねコハル声 - 、(少女)69→72歳。身長153cm。体重46kg。三代目火影と同世代の木ノ葉のご意見番。初代火影、二代目火影の教え子であった。うちはイタチの真実を知っている人物で、うちは一族の殲滅に関与している。現役時代はホムラとともに二代目火影の小隊にいた。火影の配偶者たち[]うずまきミト声 - 、(壮年期)初代火影?千手柱間の妻で、綱手の祖母。渦潮隠れの里の出身で、特殊な封印術を持ったうずまき一族ナイキ エアジョーダン 7の血統でもあり、髪が真っ赤な色。また、クシナの前任の九尾の人柱力でもある。夫の柱間とうちはマダラによる終末の谷での激闘後、自ら九尾を体内に封印して人柱力になった。トビ曰く「敵意を感知できる」とのことから、九尾の人柱力の中でも、その力をある程度コントロールできた人物と思われる。老齢により九尾を後任の人柱力に譲ることになり、ナイキ エアジョーダン死の前には過酷な宿命を背負うことになったクシナを激励していた。猿飛ビワコ(さるとび ビワコ)声 - 三代目火影?猿飛ヒルゼンの妻で、アスマの母、木ノ葉丸の祖母でもある。男勝りな性格であり、クシナの事で弱気になりがちなミナトを叱り飛ばしている。医療忍者としての心得もあるようで、クシナの出産に付き添うが、トビの襲撃を受け殺される。うずまきクシナ声 - 享年不明。身長165cm。体重47kg。ナルトの母親で、ミコトとは友人関係だった。ナルトの前任の九尾の人柱力で、幼い頃に九尾封印のため渦の国?渦潮隠れの里から木ノ葉に連れてこられた。人柱力であることに関して複雑に思っており、ナルトと同じく心底では九尾に憐みを抱いていたが、結局和解には至らなかった。真紅の長髪が特徴の美人で、綱手と自来也曰く「子供の頃はお転婆かつ少年のようだった」。忍者学校時代はポッチャリ体型だったことから同級生に「トマト」と誂われていたが、持ち前の気性でいじめっ子を次々と返り討ちにしたため「赤い血潮の」と恐れられた。語尾に「ってばね」と付けるのが口癖で、動揺したり興奮したりすると出る模様。木ノ葉上層部の関係者に保護されていた。下忍時代、うずまき一族の特殊なチャクラを知っていた雲隠れの忍に誘拐されかけるも、間一髪のところで一人駆けつけたミナトに助けられた。その際を誉められた事で彼を意識し始め、恋に落ち結婚した。ナルト出産の際、封印の力が弱まったところを仮面の男(トビ)に襲われ九尾を引きずり出され、渦の国の忍故の生命力のおかげで即死は免れたが、満身創痍の中ミナトと共にナルトを庇ってナイキ エアジョーダン 7死亡した。このときミナトと同じく自分の意思とチャクラをナルトの中に残し、ナイキ エアジョーダンナルトが尾獣の力を己のものにする儀式の時、再び九尾に飲み込まれそうになったナルトを救い、自分の過去について話した後、ナルトに自分の愛情が伝わっていたことを泣いて喜びながら、ナルトと抱擁を交わし消えていった。なお、作者のコミック53巻の帯コメントによると、同巻の半分程度を割いているナルトの出生エピソードは自身が夫人に色々聞いて組み上げた「母の話」である。日向一族[]日向ハナビ(ひゅうが ハナビ)声 - 8→11歳。身長132→?cm。体重28→?kg。ヒナタより5歳下の妹。日向一族の跡取り候補。姉を超える才能と実力を持つと言われ、父親からエリート教育を受けている。ナイキ エアジョーダン趣味はヒアシとの修行。第二部のペイン襲撃時には、ヒアシ共々里を離れていた。第二部の時点では10歳。日向ヒアシ(ひゅうが ヒアシ)声 - 42→45歳。身長176cm。体重66kg。ヒナタ?ハナビの父で、ネジの叔父。日向宗家の当主で、「日向は木ノ葉にて最強」と自負している。才能の乏しいヒナタを切り捨てるほど非常に厳格だが、弟のヒザシが自分の身代わりとして殺される事には最後まで反対していた(この事件が一族の為なら私情を挟まないより厳格な姿勢に起因している)。ヒザシ絡みの事で甥のネジに対して罪悪感を抱いており、ネジからは父の仇と恨まれていたが、後に和解し彼の修行にも付き合う。ヒナタに対しても原作でネジとともに3人で茶を飲むシーンがあり、和解している様子である。第四次忍界大戦では第1部隊に配属され、蘇生されたヒザシと接触し、交戦することになる。十尾との戦いではネジとの連携で十尾を攻撃を防ぐも、木遁挿し木の術による波状攻撃でネジを死なせてしまう。ナルトから九尾チャクラを受け取り、ネジの死に報いるため反撃に出る。疾風伝では妻がヒナタの回想に登場している。日向ヒザシ(ひゅうが ヒザシ)声 - 32歳(没年齢)。ナイキ エアジョーダン 7身長176cm。体重66kg。ネジの父。ヒアシの双子の弟で、ヒナタ?ハナビの叔父。分家の者なので、「籠の中の鳥」の印が額に刻まれている。宗家の事は憎んでいたが、雲隠れの里との戦争回避の際、「宗家ではなく兄と家族、そして里を守る」ためにヒアシの影武者として自ら死を選び、命を落とす。第四次忍界大戦ではカブトの穢土転生によって蘇生される。ヒアシと接触し、交戦することになる。操られ戦う現状をナイキ エアジョーダン「宗家を恨んだ罰」と嘆くが、ヒアシからネジの成長を聞かされ驚愕する。その後は穢土転生の解除で昇天したと思われる。うちは一族[]うちはサスケフガクの次男。詳細は「」を参照うちはイタチサスケの兄で、フガクの長男。詳細は「」を参照うちはフガク声 - 40歳(没年齢)。身長175cm。体重63kg。イタチ?サスケの父親で、元木ノ葉警務部隊隊長。責任感が強い忍だったが、木ノ葉隠れの里の下で虐げられ続けていたうちは一族の為にクーデターを計画し、その首謀者となり、イタチを木ノ葉側へのスパイとして送り込んでいた。しかし、争いを起こそうとする自身に強く反発していたイタチには二重スパイという形で裏切られるに至り、最後は木ノ葉上層部から一族抹殺の命令を受けたイタチに殺害された。自身の計画したクーデターは、結果的にうちは一族を滅亡寸前にまで追い込んだ。死の間際には苦渋の決断を下したイタチの行為を受け入れており、彼を自らの誇りであると評し、独り残されるサスケのことを託していた。うちはミコト声 - 36歳(没年齢)。身長162cm。体重48kg。上忍。イタチ?サスケの母親で、クシナとは友人関係。夫と共にサスケを託す形でイタチに殺害された。うちはオビトミナト班の一人であったうちは一族の忍。詳細はとを参照。うちはシスイ瞬身のシスイの異名を持つうちは一族の忍。ナイキ エアジョーダン 7うちはカガミの子孫。万華鏡写輪眼の開眼者でもあり、瞳術は相手の脳内に入り、己の意志であるかのように疑似体験させ、術にかかった者は操られていることにすら気付かない、瞳術でも最高クラスのものである。この瞳術はデメリットも大きく、特に最強幻術「別天神」を使用すると、次に使用するまでに十数年もの年月を費やす。「『陰から平和を支える名も無き忍』こそが、本当の忍である」という信念の持ち主で、ナイキ エアジョーダンイタチからも慕われており、その高い実力からも、霧隠れの青や雲隠れのキラービーといった名のある忍達にも知られていた。うちは一族の滅亡前、万華鏡写輪眼の開眼条件を満たすために自殺に見せかけてイタチに殺害されたされていた。しかし、実際はイタチ同様に一族のクーデターに反対しており、里の安寧の為に「別天神」を一族に使おうとしていたが、自身を信用していなかったダンゾウによって片目を奪われた。その後、イタチに残ったもう片方の眼を「里を守る為に使え」と託し、自らの眼を巡って戦いが起きぬよう己の存在を抹消。イタチにそれを手伝わせ、この世を去った。うちはマダラ声 - うちは一族及び木ノ葉隠れ創始者の一人。うちは最強伝説を作り上げ、世界中の忍の里を恐怖に陥れた程の伝説的な忍。六道仙人の血筋でもある。長髪である部分を除けば、顔立ちは同じうちは一族であるサスケやイタチに似ている。マダラはかつて万華鏡写輪眼の使いすぎで失明したため、弟?イズナが自ら写輪眼を差し出し、その移植によって「永遠の万華鏡写輪眼」を手に入れたとされている。幻術「無限月読」によっナイキ エアジョーダン 7て世界中の人間を幻術でコントロールする「月の眼計画」は、自らが考案したものをが実行してきたものであり、彼と共に本作の黒幕の一人と言える存在。同じ六道仙人の血筋で木ノ葉の初代火影でもある千手柱間は、何度となく戦場で刃を交えたライバルで、共に木ノ葉隠れの里を設立した仲間でもあったが、最終的には木ノ葉の方針をめぐり戦った宿敵となった。現在ナイキ エアジョーダンにおいても、マダラにとって柱間は最高の宿敵であり、現在の五影との戦いをも「遊び」と評する程である。普段は冷静さを保っても、柱間が穢土転生で蘇った事に気付いた際には、歪む程の恐ろしい笑みを浮かべながら、再び戦える事を喜んでおり、目の前に待ちわびていた本人が現れた時には、歓喜の叫び声と共にその名を叫んだ(最も十尾を止めるという目的があった為に、彼からは「お前は後!」と、スルーされていたが…)。また、柱間だけは小細工を使わず全力で倒す事に拘りを持っているようで、彼が十尾との戦いを優先させた際にも、本気を出さず殆ど傍観に徹しているナイキ エアジョーダン 7。かつての忍界大戦時には、影クラスの忍達から一目置かれたのと同時に恐れられており、その名前だけでもその影響力は非常に強い。事実、暁のリーダーであるトビが、ハッタリで「うちはマダラ」を名乗っただけで、忍五大国は無視出来ず戦争に巻き込まれ、忍連合軍を結成させるまでに至っている。五影の中でも最年長である土影?オオノキはかつて先代土影?無と共にマダラと戦って完敗しており、マダラは彼の事を「両天秤の小僧」と呼んでいる。千手柱間とは子供のころに川で水切りをしていた時に出会う。はじめは互いの一族のことを知らず、戦争で兄弟を失ったという同じ境遇と人と人が分かり合えないかという考えから意気投合し、友人となり互いに忍としての技を競い合ったり、自分たちの理想について語り合ったりしていた。その頃は感情豊かな少年で、柱間のからかいに怒ったり、ふさぎ込む柱間を慰めたりしており、ナイキ エアジョーダン 7その頃ただ一人生き残った弟のイズナを守ることを固く誓っていた。のちに互いの一族が判明し、うちは一族として千手一族である柱間と戦うことを決め、互いに一族の長になるまでの間戦い続けた。弟のイズナを失い、「永遠の万華鏡写輪眼」を手に入れ弔い合戦を挑むも敗北。柱間からの再びの協定の申し出に「ナイキ エアジョーダン自害するか弟を殺せ」と選択を迫るも、ためらいなく自らの命を絶とうとした柱間の覚悟にふれ、手を結ぶことを決めた。その後千手一族と和平を結んで里を建設し、自ら里の名を「木ノ葉隠れの里」と定めた。柱間から里の長である火影になることを打診されたが、扉間をはじめ大勢の人間が柱間を火影に推し、さらにうちは一族に対し不信感を見せたことからうちは一族が千手一族に支配されてしまう事を危惧して、一族に里を出る事を訴えるが、一族からは相手にされなかった。兄弟を守れず、一族を守るという願いも果たせず、守りたい一族からも信頼されなかったことからマダラは「月の眼計画」を画策し、柱間と袂を分かった。その後、写輪眼で九尾を操り、終末の谷で柱間に戦いを挑んだものの、壮絶な戦いの末に敗北、死んだように見せかけて姿を消した。里を仇なす者は兄弟やわが子であろうと容赦しないという柱間の発言にマダラは「いずれそれが里の闇になる」と告げた。薬師カブトは、うちは一族や六道仙人について調べていた事で、この事実を突き止めていた。表舞台から姿を消したマダラは、その後深い地底にて柱間の再生能力を得る為に彼の細胞を自らの体内に投与。最初は何の効果も無かったが、永遠の万華鏡写輪眼を手に入れていた事で、寿命で死ぬ間際にそれを輪廻眼に昇華させる事に成功した。更に柱間の細胞を利用する事で人造生命体であるゼツを大量に生み出し、ナイキ エアジョーダン 7自らの身体を封印石(月)から口寄せした外道魔像に直結させる事で、老いながらもかろうじて生き永らえていたマダラは、「神那毘橋の戦い」で瀕死の重傷を負っていたうちは一族の少年で自身の子孫でもあるうちはオビトを助け出し、彼を言葉巧みに誘導。自らの協力者として育て上げた後、月の眼計画を託して命を落とす事になった。以降は、自らの計画を引き継いだオビトが「トビ」と名乗るようになった後、あらかじめ自身が輪廻眼を移植させていた長門に接触を行う等をして、計画を実行に移す為の準備を整える事になる。マダラの計画には自身の復活もあったらしく、本来はトビが育て上げた輪廻眼の開眼者、長門の【外道輪廻天生の術】で蘇るはずであったが、ナイキ エアジョーダン 7長門が死亡したことで計画が頓挫、結果的に第四次忍界大戦の際には、カブトの「口寄せ?穢土転生」による不完全な蘇生を果たす(同時にこれによって、マダラを名乗っていたトビが、本物のマダラとは別人であることが忍連合軍側に知られている)。その次元違いの実力によって忍連合及び九尾のチャクラを纏ったナルト(分身体)を追い込み、救援に駆けつけた五影達と壮絶な激突を繰り広げる事になる。その後も五影を同時に相手してなお、余裕で圧倒する規格外の力を見せつける。追い詰められた五影の決死の連携を前に、ナイキ エアジョーダン 7「完成体?須佐能乎」を繰り出して勝利目前となった直後、イタチによって穢土転生が止められたことでこの世から弾かれかける。しかし、マダラは自ら印を切ることで穢土転生の口寄せ契約を解除し、ナイキ エアジョーダン 7不死身の体と無尽蔵のチャクラまでをも手にする。そして五影を瀕死に追いやった後、ナルトやビーと交戦しているオビトの元へ合流。彼からかつての愛用の武器である「うちは」を受け取り、参戦する。その実力は